活字中毒:JR時刻表2022年10月号

 

 

♪汽笛一声新橋を~で、新橋と横浜(今の桜木町)の間で鉄道の運行が始まってから今年の10月で150周年です。

新橋駅長と桜木駅長の特別対談があるので購入してみた。

JTB時刻表の特集も魅力的だったけど。

時刻表は毎月買うとお財布に優しくないので年一回くらい購入します。

妄想旅行に最適。

 

活字中毒:サライ 2022年 10 月号 [雑誌]

 

 

My Favorite Things、元々は映画サウンド・オブ・ミュージックの挿入歌で国内外の多くの歌手にカバーされています。

でも、JR東海の京都キャンペーンに採用されてから、京都のテーマソングみたいになっていますね。

この雑誌を読んでいるとこの曲が脳内BGM再生されます。

「そうだ、京都行こう」

インバウンドが再開されて混む前に行きたい。

 

 

活字中毒:スーパーカブ(7) (角川コミックス・エース)蟹丹

 

 

富士山登頂チャレンジ回ですね。

最初は雑誌の取材でクロスカブ110(礼子にとっては2回目ですが)、その次は自分の愛車で。

慧海のアドバイスは貴重です。

ところで、「慧海」を変換で出すのは大変で、カクヨム掲載小説からコピペしました。

 

活字中毒:JR中央本線 知らなかった凄い話 (KAWADE夢文庫 K 1189)小林 拓矢

 

 

JR東海の315系8両編成の記述があり、現時点で最新の内容と思う。

東京名古屋間の東海道以外のもう一つの本線の本だ。

中央本線を東京近郊、八王子から塩尻塩尻から中津川、名古屋近郊の4つのセグメントに分けて紹介しているのは良い着眼点。

ただ、甲府生まれの東京の大学卒ということで東側に偏った内容であるのは残念。

8割方は東日本か?

また、各セクションの内容が前後している感もある。

前の会社の本社は立川で私は名古屋地区。

「私は中央線の駅から乗り換えて2駅」とか「新幹線使わなくても中央線じゃない」と出張者いじめてました。

 

活字中毒:#居酒屋新幹線 (MFコミックス ジーンシリーズ)夏見こま

 

 

こんな番組やっていたんだ。

放送局のホームページを検索したら、中部地区では放送されていなかったようだ。

物語は出張帰りのサラリーマンが帰りの新幹線の中で居酒屋(おつまみとお酒)を開き、SNSに投稿するというもの。

出張先の名物と銘酒紹介っぽい。

奥付を見るとJR東日本が関係しているようだ。

なので東海道山陽九州新幹線が出てこないのと、名古屋で放送されなかったのは理解。

 

活字中毒:雨と君と(4) (KCデラックス)二階堂 幸

 

 

今日もたぬ、もとい、いぬはまったりと過ごしています。

猫と仲良くしたり、つまみ食いしておやつぬきになったり。

この空気感は好きです。