活字中毒:江戸の検屍官 其之壱 水底の女 (SPコミックス SPポケットワイド)川田弥一郎(作) 高瀬理恵(画)

 

 

時は江戸、北町奉行所の北沢彦太郎は定町廻り同心。

殺人事件の捜査を、医師の古谷玄海、絵師のお月(一游斎孤月)とともに行う。

現在のような科捜研がない中、できる限りの科学的捜査を行い、事件を解決に導く。

玄海の女好き、お月の思いも絡まって話に深みが出てくる。

 

活字中毒:異世界ガーデニング アルの造園物語 乾物屋

 

異世界ガーデニング アルの造園物語

異世界ガーデニング アルの造園物語

  • 作者:乾物屋
  • 発売日: 2016/01/09
  • メディア: 単行本
 

 

ラノベ異世界生まれ変わり。

60手前のオッサンが転生したのは中世ヨーロッパか?

9歳の天才庭師が始動する。

荒れ果てた貴族の屋敷の庭を、庭師の技術で枯山水のある自然の森の風情に改造。

偶然知り合った王家のビクトリア姫のリクエストもあり、館の庭を大改造ビフォー・アフター。

気に入られ、エルフおもてなしのために北の庭も楓をメインに作り直し。

転生前とは別世界なのでコスモスのつもりが菊になっちゃうような違いはある。

最後の文がいいねぇ。

 

活字中毒:『織田家の長男に生まれました』大沼田 伊勢彦

 

織田家の長男に生まれました

織田家の長男に生まれました

 

 ラノベですね。
BOOKOFF中古購入。
生まれ変わりモノですが、異世界ではなく過去、戦国時代。
織田家の長男だけど側室の子なので相続はできない織田信広に生まれ変わった。
ちなみに相続する嫡男は織田信長で、幼名の吉法師として登場する。
現代の記憶=過去における未来と一般的な経営学等の知識を使って戦乱の世を生きていく。
さぁ、これから歴史を買えちゃうかもしれないってとこで切るやり方はうまいと思う。
三河内区のお城の場所もわかるので良かとよ。(なぜに九州言葉?)

 

活字中毒:あまりに細かすぎる東山動植物園ガイド: ぴあムック中部

 

あまりに細かすぎる東山動植物園ガイド (ぴあ MOOK 中部)
 

 名古屋にある東山動植物園のガイド本。
タイトルに有るようにここに住まう動物たちの情報が鉛筆画?のイラスト付きで紹介されていて楽しい。
その分、その他の情報(植物や遊園地、売店、お土産など)は隅に追いやられていてちょっと不満足。
遊園地情報は動物情報の中に別れて散りばめられているので、せめてまとめてほしい所。

活字中毒:新理系の人々 いのちを救え! 防災プロジェクト 最前線 よしたに

 

 

理系の人々シリーズの最終巻だそうです。

理系というか、ソフト開発系あるあるネタと、防災プロジェクトの訪問記を挟んでいる。

No.99資料2の「紙の資料は電子化して捨てる」は実践しています。

 

活字中毒:ラジオライフ2020年 5月号 [雑誌]ラジオライフ編集部

 

ラジオライフ2020年5月号

ラジオライフ2020年5月号

  • 発売日: 2020/03/25
  • メディア: 雑誌
 

 

4月号が「汚い手口を暴く」で、5月号が「完全復習マニュアル」と続いていますね。

MOOK6冊分のDVD-ROMが魅力的。